(天理教の時間)
次回の
更新予定

第1279回2024年4月26日配信

欲しい愛情のかたち

宇田まゆみ
宇田 まゆみ

文:宇田 まゆみ

第1146回

母親20周年

今年、長男が20歳を迎え、私も母親20年となった。実家の母と義母を頼りに、神様に導かれながらの20年だった。

母親20周年

 奈良県在住  坂口 優子

 

今年7月、長男がハタチの誕生日を迎えました。私もお母さんになって20年です。長男、次男、長女の三人は年子で、それから12年後に次女が誕生し、4人の母親として20年、悩みながらも子育てに奮闘しています。

私の大切にしている子どもたちの成長記録の中で、上三人に共通して鮮明に覚えている姿があります。それは小学校の入学式の翌日、はじめて一人で登校する日、「いってきまーす」と大きなランドセルを背負って家を出た背中を、見えなくなるまで見送った時のことです。どの子の時も、見送りながら涙が込み上げたことを覚えています。取り分け長男の時には、「実家の母もこんな気持ちで私を見送ってくれたのかな」と、育ててくれた母のことを思ったものでした。

「親の心子知らず」と言いますが、20年間の子育ての中で、あの時、母はきっとこういう気持ちだったのだろうと、今更ながらに気づく場面が山ほどありました。子どもの頃は、ただのガミガミお母さんだと思っていましたが、いつの間にか自分も同じようなガミガミお母さんになりました。

母親としての気持ちがなかなか子どもたちに伝わらないと感じる中で、母も私を育てる過程で悩み苦しみながらも、その先に来るであろう喜びを見据えて、懸命に愛情をかけて育ててくれていたのだと知ることができたのです。

「神様のことが大好きな子に育ってほしい」。これが私の子どもたちへの唯一の願いでした。信仰を知らない両親のもとで育った私は、19歳の時に天理教の教えに出会いました。以来、日常に神様の姿を感じられるようになったおかげで、どんなにつまずいたり落ち込んだりしても、それを喜びと感謝に変えて日々を送ることができるようになりました。

自分のことしか考えられなかった以前とは違い、信仰のおかげで人に対して心を掛けられるようになり、心で人の話を聞き、心で人を見て、心から相手を大切に思えるようになりました。私が信仰に出会って見えるようになった世界を、子どもたちにも見せてあげたい、ただこれだけが、大きくなっていく子どもたちに望むことだったのです。

ですが、これは信仰を知らない家庭で育った私にとって大きな課題でした。経験がないのでやり方が分からないのです。

ある日、朝づとめの後に聞いた、義理の母の言葉が心に残りました。義母(ぎぼ)は子育て真っただ中の頃を振り返り、「朝づとめではね、『子どもたちがどうか信仰してくれますように』って、毎日それだけをお願いしていたのよ」と懐かしそうに話してくれました。

そうか、そうすればいいのか…。それをヒントと受け取った私は、それから毎日義母と同じように、子どもたちのことを神様にお願いするようになりました。

その後、小学校、中学校を卒業した上の三人は、主人の母校である天理教校学園高校へ進学、寮生活を通して天理で育てていただけることになりました。三人とも若かりし頃の主人の姿に憧れ、マーチングバンド部に所属しました。主人も私も演奏会があればどこへでも応援に出掛け、子どもたちの頑張る姿にたくさんの喜びと感動を与えてもらいました。

友人がSNSで娘さんに、「青春のおすそ分けをありがとう」と綴っていました。なんて素敵な言葉でしょう。思えば、三人の子どもたちにおすそ分けしてもらった私の子育ての青春には、どの場面を切り取っても、優しく包んでくださる神様の存在がありました。

大学や専門学校への進学を希望していた長男と次男ですが、神様のお導きでしょうか、様々な偶然が重なり、二年間天理で教えを学ぶ天理教校専修科へ進学、義理の父と主人と同じ進路をたどることになりました。

次男が入学した今年の春、義母に、以前朝づとめの後で聞いた話をきっかけに、私も、子どもたちが信仰してくれるように毎日お願いをしていたこと、そしてその願いを神様が受け取ってくださっている気がすることを話しました。

すると義母は、「それはね、お願いしていたこともそうやけど、それよりもその願いを神様にちゃんと受け取っていただけるように、優子ちゃんがつとめているからやで」と言ってくれたのです。

その言葉は、これまで右も左も分からない中、20年間、ただただ二人の母を手本に進んできた私への神様からのご褒美のようで、本当に、感無量でした。

成長した子どもたちの姿を、二人の母はとても喜んでくれています。子どもたちが私のそばにいてくれる限り、まだまだ子育ては続きますが、いつか私もおばあちゃんになり、今の母たちの気持ちが分かる日が来るのかなと、楽しみにしています。

今年の母の日、高校三年生の長女が素敵なメッセージカードをくれました。そこには、きょうだい四人で撮った可愛らしい写真と共に、「いつもありがとう、世界一のお母さん」とのメッセージが書かれていました。

こちらこそ、もったいない、優しい言葉をありがとう。来年の春には、一番下の娘が小学校に入学します。大きなランドセルの背中を、見えなくまるまで見送る日が、今から待ち遠しいです。

天理教の時間専用プレイヤーでもっと便利にもっと身近に天理教の時間専用プレイヤーでもっと便利にもっと身近に

おすすめのおはなし