(ラジオ天理教の時間)
次回の
放送予定

第1199回2022年10月8日・9日放送

生きているだけで百点満点

一瀬さん(掲載)
一瀨 谷津子

文:一瀨 谷津子

執筆者一覧

  • 池戸剛

    1979年生まれ。天理教湖元分教会長。ファミリーホームの認可を受け、数多くの里子を養育している。「いま、喜べることは?」が信条の、男ばかり4人の父親。
  • 一瀨 谷津子

    1954年生まれ。天理教鶴英分教会長夫人。教会報や手書きの手紙を通して、心をつなぐことを大切にしている。「元気に、明るく、楽しく」がモットー。6人の孫がいる。
  • 井筒 悟

    1965年生まれ。天理教黒石分教会長。男女4人ずつの8人の父親。教誨師や文化講演会講師を務める。「起こることの全ては魂を成長させるためのもの」が信条。
  • 宇田 まゆみ

    1980年生まれ。天理教敷土分教会教人、「憩の家」公認心理師。「心一つ我が理」の教えを胸に、悩みを持つ人々のカウンセリングに従事する。
  • 岡定紀

    1973年生まれ。天理教紀ノ川分教会長。こども食堂を通して、地域のつながりを作っている。男ばかり4人の父親。
  • 坂口 優子

    1979年生まれ。天理教三笠郷分教会後継者夫人。二男二女の母親。子どもたちのための英語教室や、母親の育児交流会を主催。大切にしている言葉は「一に愛想」。
  • 辻 治美

    1969年生まれ。天理教甲京分教会長夫人。三男一女の母親。「孤独な人々の居場所づくり」を目標に、様々な教会行事やおぢばがえり団参を行っている。

  • 目黒 和加子

    1964年生まれ。天理教東興道分教会教人、助産師。これまでに1100件以上の出産を担当。著書に『出産 助産師の祈り』(養徳社刊)がある。

  • 山﨑 石根

    1977年生まれ。天理教美阪分教会長。おたすけの信条は「〝自分のことが好き〟と言える人に」。5人の子どもたちのエピソードを載せたリーフレットを手に、においがけに励む。
  • 芦田 京子

    1954年生まれ。天理教高芝分教会前会長。著書に『絆ki・zu・na』(道友社刊)。「楽しくにをいがけ」がモットー。六人の孫がいる。

おすすめのおはなし