立教の元一日の理に思い致し 立教182年秋季大祭

■10月26日

 立教の元一日に由来する立教182年秋季大祭は10月26日、中山大亮様祭主のもと、本部神殿で執り行われた。
 天保9(1838)年、「このたび、世界一れつをたすけるために天降つた」との親神様の啓示により、教祖が月日のやしろとなられた立教ゆかりの日を期して、国の内外から約7万4000人が帰参。先ごろ国内各地に甚大な被害をもたらした台風19号の被災地からも、大勢の教友が帰り集った。
 この日、心一つに「みかぐらうた」を唱和したようぼく・信者は、立教の元一日の理に思いを致し、親神様の思召、お急き込みを深く思案して一層の成人を期し、ひながたをたどり、たすけ一条に励むことをあらためて誓った。

ページの先頭へ