令和元年台風被害 “全教の真心”を寄託

■2月10日、12日

千葉・栃木の両県庁訪問 救援募金から各500万円


 関東、東北、中部地方などの広い地域に甚大な被害をもたらした昨年の台風19号から4カ月。天理教災害対策委員会の仲野芳行委員長は2月10日に千葉県庁、12日に栃木県庁を訪れ、「災害救援募金」の中から義援金として各500万円を寄託した。
 なお、2月中に茨城、長野、宮城、福島、岩手の五つの県庁を訪れ、それぞれ義援金を寄託する予定となっている。

(2020年2月12日記)


ページの先頭へ