“晴天の心”を広く社会へ 立教182年「全教一斉にをいがけデー」

■9月28~30日

「にをいがけ強調の月」を締めくくる、立教182年「全教一斉にをいがけデー」は9月28日から30日にかけて全国各地で実施された。
 布教部(井筒梅夫部長)では、今年も3日間を「ようぼくの実動日」と銘打ち、地域を挙げて布教活動を推進するよう促してきた。
 また「教会長路傍講演の日」は、昨年と同様に、支部の状況に合わせて、3日間のいずれかの日を支部ごとに設定した。
 今年の「にをいがけデー」のリーフレットは「いつも“晴天の心”で」と題して、どのようにすれば、お借りしている体を健やかに使わせていただき、日々、心明るく歩むことができるのかを伝えるものを400万部発行した。
 期間中は、教会長が先頭に立ち、陽気ぐらしの教えをアピールしたほか、神名流しや戸別訪問、リーフレット配りなどに勤しむ教友の姿が各地で見られた。


ページの先頭へ