災救隊「7月豪雨」の被災地へ

■7月11日

この記事は2018年7月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


 「平成30年7月豪雨」の被災地へ、災害救援ひのきしん隊(=災救隊)が相次いで出動している。
 岡山教区隊は7月11日、大雨はもとより、アルミ工場の爆発被害に見舞われた岡山県総社市へ駆けつけ、復旧作業に当たっている。
 このほか、山口・岐阜・愛知・兵庫の各教区隊や各地の支部隊なども、いち早く救援活動を展開している。
 なお、被災地で教会関係の被害が出ているが、現在、詳細を確認中。

(2018年7月11日記)


ページの先頭へ