青年会 全分会布教推進週間(9月4日-11日)

この記事は2011年9月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


□動画はこちら□

“あらきとうりよう”全国で実動

雨風の中にも、神名を唱える天理青年の声が高らかに響きわたる――。

青年会本部(中山正直委員長)の「全分会布教推進週間」は9月4日にスタート。道の御用に励む会員、社会で働くようぼく、学生など、全国各地の青年たちが11日までの8日間にわたって、神名流し、路傍講演、戸別訪問などを展開する。

台風12号が日本列島を通過するなか、「にをいがけ強調の月」である9月の先陣を切って、“あらきとうりよう”たちが実動した。

(9月7日記)


[雨風のなか、高らかに神名を流す湖東分会の会員たち(9月4日、滋賀県東近江市内で)]



[西海分会は、玄界灘の離島・壱岐島に「布教キャラバン隊」を派遣した(9月5日、壱岐市内で)]

ページの先頭へ