婦人会第101回総会に3万5000人

■4月19日

 天理教婦人会第101回総会は、教祖誕生祭の翌4月19日、本部中庭を主会場に開催された。
 来年の創立110周年に向けて、一人の会員が二人の会員をご守護いただこうと、さまざまな活動を展開している婦人会。この日の総会には、国内外から約3万5000人の会員が参集した。
 中山はるえ婦人会長は、あいさつの中で、各自が心のふしんを目指して活動方針を日々実行し、成人の歩みを進めようと呼びかけられた。
 続いて宮森与一郎内統領が祝辞。その後、「誓いのことば」が述べられ、全員で『天理教婦人会会歌』を斉唱した。
 式典後、記念行事として「陽気ぐらしを広げよう 一人が二人の会員をご守護頂きましょう」をテーマとする講演会が、天理市内の6会場で開催され、計1万3035人が参集した。


ページの先頭へ