災害救援対策本部を設置

この記事は2011年3月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


「東日本大震災」に際し、天理教教会本部では、3月11日の地震発生を受け、直ちに「東日本大震災天理教災害救援対策本部」(上田嘉太郎本部長)を設置するとともに、情報収集に着手した。

今後、同災害救援対策本部が中心となって、被災地への救援態勢を整えていく構えだ。

同災害救援対策本部では、「災害救援募金」「天理教被災教区・災救隊支援募金」への協力を呼びかけている。


※このたびの震災の名称を「東日本大震災」とする旨、4月1日に日本政府から発表されたのを受け、一部表記を改めました(4月2日追記)


※「災害救援募金」「天理教被災教区・災救隊支援募金」は、12月27日をもって終了しました(12月27日追記)

ページの先頭へ