「かんろだい据え替えの儀」執行

■8月24日

 8月24日、「かんろだい据え替えの儀」が執り行われ、本部在籍者や直属教会長をはじめ、多くのようぼく・信者が参拝した。

 この日の本部夕づとめは、定刻の午後7時から1時間30分繰り上げられ、午後5時半に勤められた。

 夕づとめ後、神殿上段の四方に戸帳が立て巡らされ、御簾が下ろされるなか、午後6時半から「据え替えの儀」が厳かに執り行われた。

 据え替え後、雛型かんろだいを芯に、かぐらづとめ、十二下りのてをどりが勇んで勤められた。

ページの先頭へ