立教180年 教祖誕生祭

■4月18日

 存命の教祖の219回目のご誕生日を寿ぐ「教祖誕生祭」は4月18日、真柱様を祭主に本部神殿、教祖殿で執り行われた。

 柔らかな春の日差しが降り注いだ“この月この日”。ひながたの親を慕って、国の内外から帰り集った約6万人のようぼく・信者は、ご恩報じを念じ、たすけ一条に真実の限りを尽くす決意を込めて「みかぐらうた」を唱和した。

 祭典に続いて、恒例の「よろこびの大合唱」(婦人会・青年会・少年会主催)が催された。

 管内高校の吹奏楽部などの演奏に合わせて、『ハッピーバースデーおやさま』『おやさま おうまれ』など、ご誕生日にちなんだ5曲を大合唱。フィナーレの『教祖御誕生祝歌』では、道の子たちの晴れやかな歌声が神苑に響いた。


  • 教祖誕生祭 立教180年4月18日 祭典"

    存命の教祖の219回目のご誕生日を寿ぐ「教祖誕生祭」は4月18日、真柱様を祭主に本部神殿、教祖殿で執り行われた

  • 教祖誕生祭 立教180年4月18日 参拝者"

    ひながたの親を慕って、国の内外から約6万人のようぼく・信者が帰り集った(2017年4月18日)

  • 教祖誕生祭 立教180年4月18日 よろこびの大合唱 吹奏楽"

    管内高校の吹奏楽部などの演奏に合わせて、教祖のご誕生日にちなんだ5曲を合唱した(2017年4月18日、本部中庭で)

  • 教祖誕生祭 立教180年4月18日 よろこびの大合唱 合唱"

    「よろこびの大合唱」による慶祝のメロディーが神苑に響いた(2017年4月18日、本部中庭で)

ページの先頭へ