「天理教三代真柱追悼演奏会」開く

■11月19日

この記事は2016年11月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


「天理教三代真柱追悼演奏会」(主催=天理教音楽研究会、後援=天理教文化委員会、京都教区)が11月19日、京都市の「京都コンサートホール」で開催された。

この追悼演奏会は、平成26年6月24日にお出直しになった、中山善衞・三代真柱様を偲んで開かれたもの。

当日は1433人の聴衆が詰めかけるなか、指揮者2人とソリスト4人をはじめ、音楽研究会合唱団37人、同児童合唱団43人、創立60周年記念特別合唱団132人、12教区の合唱団計153人、同オーケストラ94人の総勢465人がステージへ。音楽研究会創設時から、会長として歩まれた三代真柱様への感謝の思いを込め、おうた12番交声曲『ひながたの道』(中山もと編、團伊玖磨作曲)など3曲を心一つに歌い奏でた。


  • 天理教三代真柱追悼演奏会・ステージ"

    三代真柱様の写真がスクリーンに映し出されるなか、“感謝のおうた”が高らかに歌い奏でられた(2016年11月19日、京都コンサートホールで)

  • 天理教三代真柱追悼演奏会・合唱団"

    「天理教三代真柱追悼演奏会」には、管内学校の有志から成る特別合唱団も加わった(2016年11月19日、京都コンサートホールで

ページの先頭へ