熊本地震 災救隊第1次隊が出発

■4月19日

この記事は2016年4月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


4月14日に発生した「平成28年熊本地震」の被害拡大を受け、災害救援ひのきしん隊(=災救隊、長野吉晴本部長)は4月19日午後4時30分、被災地へ第1次隊を派遣した。

出発式では、中田善亮・表統領があいさつ。その後、災救隊本部主事・部員ら7人が、災救隊および救援活動に必要な物資を載せた4トントラックなど3台で親里を出発した。

一行は、現地で熊本、福岡、佐賀、長崎の各教区隊と合流し、4月20日の結隊式後、関係機関と連携して救援活動に入る予定だ。

(2016年4月19日記)


※なお、物品の寄託は受け付けていません。ご了承ください。


  • 2016年4月19日 平成28年熊本地震 災救隊第1次隊出発

[関連リンク]

平成28年熊本地震 災害救援募金について

ページの先頭へ