災救隊 徳島県の台風12号被災地へ

■8月6日~7日

この記事は2014年8月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


大型の台風12号の影響によって記録的な豪雨に見舞われた徳島県に、天理教災害救援ひのきしん隊が出動した。 阿南市と海陽町から要請を受けた災救隊徳島教区隊は、8月6、7の両日、復旧活動を行った。 連日、気温30度を超す蒸し暑さが続く中、隊員たちは小学校などで作業。水につかった物品の撤去や清掃、道路にたまったごみの除去など、被災地の復旧に尽力した。

(2014年8月9日記)

ページの先頭へ