天理高ラグビー部 花園で史上2校目の大会通算100勝達成

■1月1日

この記事は2014年1月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


6年ぶりに「全国高校ラグビーフットボール大会」に出場した天理高校ラグビー部は1月1日、東大阪市の近鉄花園ラグビー場で行われた同大会の3回戦で、流通経済大学付属柏高校と対戦。12対10で勝利し、史上2校目となる大会通算100勝を達成した。   固いディフェンスを誇る両校は試合序盤から一進一退の攻防を繰り広げ、5対10・流通経大柏のリードで前半を折り返した。 後半開始12分、天理高が相手ゴール前からモールを押し込み、2番・谷井連太郎選手(3年)が同点トライ。さらにゴールキックを決めて逆転した。これが決勝点となり、12対10で接戦を制した。 この勝利により、天理高は秋田工業高校以来2校目となる大会通算100勝を達成した。 なお、天理高は1月3日、近鉄花園ラグビー場第1グラウンドで、桐蔭学園高校(神奈川)との4回戦に臨む。

(2014年1月1日記)

ページの先頭へ