立教175年秋季大祭(10月26日)

この記事は2012年10月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


□動画はこちら□

立教175年の秋季大祭が10月26日、真柱様祭主のもと本部神殿で執り行われた。

秋晴れの空のもと、教祖を慕い、国内外から大勢のようぼく・信者らが参集した。

祭典では、祭文奏上に続いて、かぐら・てをどりが勤められ、参拝者らも共に「みかぐらうた」を唱和した。

その後、神殿講話に立たれた真柱様は、立教179(平成28)年1月に勤められる教祖130年祭へ向けての指針となる『諭達第三号』を発布された。

この日、帰り集った一同は、立教の元一日にあらためて思いを致すとともに、ようぼくとしての自覚を胸に、そのつとめに邁進することを誓った。

(10月26日)

 

ページの先頭へ