(天理教の時間)
次回の
更新予定

第1260回2023年12月15日配信

東京スカイツリーから、こんにちは ~赤ちゃん食堂、始まりました!~

吉永先生
吉永 道子

文:吉永 道子

第1194回

「陽気ぐらし」へのベクトル(『日々陽気ぐらし』より)

コロナ禍による自粛生活で、あらためて神様のご守護を実感。今までいかに陽気ぐらしをしている〝つもり〟だったか。

「陽気ぐらし」へのベクトル

川田 真紀子

 

新型コロナウイルス感染拡大による混乱のなか、アメリカ・カリフォルニア州では、2020319日に自宅待機命令「ステイ・アット・ホーム・オーダー」が発令された。その後、数カ月に及ぶ自粛生活のなか、私は本当の意味の「陽気ぐらし」に気づき、そこへ向かうための心のベクトルを見つけた気がする。

アメリカの学校では、親の送迎やスクールバスで登下校する子どもが大半。わが家の子どもたち三人も、それぞれ別の学校に通っているので、毎日、車で三カ所の送り迎えをしなければならなかった。さらに、学校の活動や習い事があるときは、タクシードライバーのごとく、一日中、運転している日もあった。

それに加えて、コロナ禍以前はラーメン屋でアルバイトをしていたため、学校の送迎に家事にアルバイトと多忙で、ただ時間が過ぎていくだけの、感謝や喜びを感じることの少ない日々を送っていた。

子どもたちが毎日元気に学校へ行けること、自分も元気に働けること、自由に外出できること、人と会って話すこと―。すべて当たり前だと、いつしか思うようになっていた。

家族みんながそれぞれに忙しく、一緒に過ごす時間は短かったが、家族という名の絆でつながっているつもりでいた。会話が少なくても明るい言葉と態度で過ごしているつもり、「陽気ぐらし」をしている〝つもり〟だった。

しかし、自宅待機命令が出てからは、子どもたちは自宅学習になり、私もアルバイトを辞めて、子どもたちと家で過ごす生活になった。いままでのように時間に追われることはなくなり、気持ちに余裕が生まれた。朝夕のおつとめの際は、事態の収まりを子どもたちと真剣に願い、無事に元気に過ごさせていただいていることへのお礼を、親神様・教祖に申し上げた。

家族そろって食事をする時間が増えると、会話が弾むようになり、食事のとき以外でも一緒に過ごす時間や笑い合う機会が増え、私たち家族の心は次第に変わっていった。

不自由のなかで、いままで当たり前だと思っていたすべてのことは、何一つ当たり前ではなく、親神様のご守護だったのだと気づき、感謝の気持ちが芽生えた。人と握手もハグもできない、一定の距離を取ることを義務化される状況になって初めて、人とのつながりの大切さに気づいた。自分のことよりも家族や友人、知人のことを思い、気にかけ、自分にできることを探そうとする心が生まれた。

地球規模ですべての人々が同じ危機に直面し、たすけ合って乗り越えていかねばならない状況下では、国籍も人種も性別も年齢も関係なく、まさに私たちは「一れつ兄弟姉妹」なのだと、あらためて思う。

そして、いま多くの人が感じているであろう、身の周りのものへの感謝、人への思いやりの心を持ち続けることが、親神様がお望みになる「陽気ぐらし」の世界に近づき、この困難な状況を乗り越えていく歩みにつながるのではないかと思う。

私自身、国家非常事態の宣言後、多くの人が買い占めに走り、店から肉や卵、トイレットペーパーなどが消えたとき、目に見えない恐怖と不安を感じた。しかし、お与えいただいているご守護に感謝し、いまを喜ぶように心がけるうちに、小さなことにも喜びを感じるように心の向きが変わっていった。

それでも、不安で心が沈みそうなときは、おふでさきを拝読した。

  にち/\にをやのしやんとゆうものわ
  たすけるもよふばかりをもてる(十四 35)

  はや/\と心そろをてしいかりと
  つとめするならせかいをさまる(十四 92)

特に、この二つのおふでさきは勇気を与えてくれた。私たちがようぼくとして、いまできることは、周りの人のたすかりを願い、みんなで心を揃えて、真剣におつとめを勤めさせていただくことなのだと、繰り返し胸に刻んだ。

そしてある日、店で久しぶりに肉と卵が売られているのを見たとき、心から「うれしい、ありがたい」と感じて、自然と笑顔になっていた。私の心は、いつの間にか「見るもの聞くものすべてがうれしい、ありがたい」と喜び、感謝できる心に変わっていた。

私は、この数カ月間の生活を通して実感した「陽気ぐらし」へ向かう生き方を、周囲の人たちに伝えていきたい。先の見えない状況のなかでも、絶望したり誰かを責めたりするのではなく、いまある喜びを探し、互いにたすけ合うことの大切さを。そして、幸せかどうかは、物事の見方、聞き方、何より心の持ち方で変わるということを。

それは、湖に小石を投げるようなことかもしれないけれど、波紋が静かに広がって、いつしか大きな喜びの輪になることを夢見ている。

天理教の時間専用プレイヤーでもっと便利にもっと身近に天理教の時間専用プレイヤーでもっと便利にもっと身近に

おすすめのおはなし