(ラジオ天理教の時間)
次回の
放送予定

第1217回2023年2月11日・12日

恩師からのメッセージ

yamasaki
山﨑 石根

文:山﨑 石根

第1090回

子は親を映す鏡

子供は親の真似して欲しくない姿まで、どんどん吸収してしまう。子供を鏡として、自らを省みる習慣を身につけたい。

子は親を映す鏡

奈良県在住  金山 元春

 

先日、娘と一緒にテレビでアニメ映画を見ました。私の世代が子供の頃に見ていたアニメの主人公と、娘の世代が見ている主人公が共演するという特別な企画で、親子で楽しませてもらいました。

その際、私は懐かしさとうれしさもあって、娘にそのアニメのうんちくを語ってしまいました。
後日、娘が妻に対してそのうんちくを、さも自分が考えたことであるかのように語っているのを聞いて、「ああ、子供というのは、こうして親の考え方や価値観を取り込んでいくんだなあ」と、妙に納得しました。

思えば、誰かの言動から、さまざまな考え方や価値観を取り入れることは、親子の間だけでなく、大人と大人の関係でもよくあることです。

たとえば、私はある講演会で、天理教の教会長さんのお話を聞いて感銘を受けたことがあります。
その日は雨でしたが、たくさんの人が集まっておられました。
このような時、たいていの講師は「今日はあいにくの雨にもかかわらず、たくさんの方にお集まりいただき……」などと挨拶しながら講演を始めると思います。
これは聴衆に対するねぎらいの気持ちから出る言葉であり、それが間違っているわけではありません。ただ、その日の講師の言葉は、そうした常識的なあいさつとは異なりました。

冒頭、「本日は結構なお湿りのご守護をいただき……」との挨拶で講演を始められたのです。私も天理教の信仰者ですが、この言葉には本当に感心しました。
それは、すべての事柄を神様からの賜りものであると受け止め、たとえ雨の日であってもそれを喜び、その与えに深く感謝されている教会長さんの姿勢が、何気ない挨拶から伝わってきたからです。

天理教では、神様と人間の関係は親子であると教えられます。親なる神様という意味から、天理教信仰者は親しみを込めて「親神様」と呼んでいます。親神様は、この世と人間を創られた「元の神様」であり、今もなお万物を守護されている「実の神様」です。雨、すなわち水は私たちにとって欠かせないものであり、雨のお与えも親神様のご守護に他ならないのです。

それにもかかわらず、私はというと、雨の日には「あ~あ」とうらめしそうに空を眺めながら、「せっかくの休日なのに……」などと、自分勝手な都合でため息をついてしまったり。そんな我が身を省みました。
とりわけ、そうした姿を子供にも見せてきたのではないかと、子供を育てる親として反省しました。

私は親として、我が子には晴れの日でも曇りの日でも、そして雨の日でも、その中に喜びと感謝を見出せる人になってほしいと願っています。しかし、私自身がそうした姿勢で暮らしているかと問われれば、甚だ心許ないというのが正直なところです。

「親としてこれは子供に伝えておきたい」「しっかりと心に治めてもらいたい」と思うことを語り聞かせることも大切でしょうが、それよりも子供は、普段の生活の中での何気ない親の物言いや振る舞いからたくさんのことを学び、吸収しているのだと思います。

ところが子供は、親にとって真似してほしいことだけではなく、真似してほしくないことでもどんどん吸収します。皆さんは、自分とそっくりに振る舞うお子さんを見て苦笑いすることはありませんか? 
「子は親を映す鏡」とはよく言ったものです。

私たちは、子供の物言いや振る舞いに対してあれやこれやと言いますが、子供の気になる姿を見た時は、果たして自分はどうなのかと、子供を鏡として自らを省みる習慣を身につけたいものです。

子供に求める前に、まずは親である私からという姿勢で、毎日を喜び勇んで通りたいと、心を新たにしています。

ラジオ天理教の時間専用プレイヤーでもっと便利にもっと身近にラジオ天理教の時間専用プレイヤーでもっと便利にもっと身近に

おすすめのおはなし