十全の守護

親神様おやがみさまの広大無辺なご守護を、十の守護の理をもって体系的に説き分け、それぞれに神名かみなを配し、分かりやすく、覚えやすいようにお教えくださっています。「十柱とはしらの神名」と呼ばれることもありますが、決して十柱の神々がおられるという意味ではありません。
これらの神名は、人間世界をおはじめになるに際して、親神様のお心に溶け込んで、一手一いってひとつに働かれた道具衆の働きの理に授けられたものです。
したがって、それぞれにぢばを囲んでの「かぐらづとめ」の十人のつとめ人衆が対応しています。
かぐらづとめにおいて向かい合う人衆に相当する守護の理は互いについになっていて、相補的な関係にあります。
人間身の内の……、世界では……との記述は、まさに人体と世界を貫く理法の体系的な表現です。


juzen
くにとこたちのみこと人間身の内のうるおい、世界では水の守護の理。
をもたりのみこと人間身の内のぬくみ、世界では火の守護の理。
くにさづちのみこと人間身の内の女一おんないちの道具、皮つなぎ、世界ではよろづつなぎの守護の理。
月よみのみこと人間身の内の男一おとこいちの道具、骨つっぱり、世界ではよろづつっぱりの守護の理。
くもよみのみこと人間身の内の飲み食い出入り、世界では水気すいき上げ下げの守護の理。
かしこねのみこと人間身の内の息吹き分け、世界では風の守護の理。
たいしよく天のみこと出産の時、親と子の胎縁を切り、出直しの時、息を引きとる世話、世界では切ること一切の守護の理。
をふとのべのみこと出産の時、親の胎内から子を引き出す世話、世界では引き出し一切の守護の理。
いざなぎのみこと雛型ひながたたねの理。
いざなみのみこと雛型ひながた苗代なわしろの理。

※道友社刊『ようぼくハンドブック』から

ページの先頭へ