ラジオ天理教の時間


ラジオ天理教の時間は、毎週土日の早朝、全国35局で放送しています。 テーマは〝家族円満〟。夫婦、親子、きょうだいが絆を深め合うためのヒントを、天理教の教えに基づいて分かりやすくお届けします。 このページでは、過去6回分を聴くことができます。

  • 第936回

    孫と同い年のばーば

    2017年9月23日・24日放送

    長野県在住 田中 のぶ代

     孫娘と私とは同じ6月生まれで、家族から二人同時に誕生日を祝ってもらった。孫が3才で私は63才。同じ〝3才〟なのをいいことに、ちょっと孫をだますと、同い年だと思い込んでしまった。その疑いを持たない純粋さには感心してしまうばかりだ

  • 第935回

    あなたを待っていた

    2017年9月16日・17日放送

    助産師 目黒 和加子

     四人目を出産する春子さん。陣痛が止まってしまい、お産が思うように進まない。赤ちゃんへの負担を考え促進剤の投与も中止し、帝王切開をすることに。私は母と子の無事を祈りながら、ご主人の健治さんのことが気になった。ここで真剣に神様と向き合い、夫婦でこのお産を乗り越えてほしい…と。

  • 第934回

    家族円満―義父母の場合

    2017年9月9日・10日放送

    大阪府在住 芝 太郎

     妻の両親が金婚式を迎え、総勢38人の親戚が集まり祝宴が開かれた。その席で、二人が遠慮がちに生涯を振り返った。七人の子供を育てながら、人々のたすかりを願ってきた道中。それは初めて聞いた話のはずなのに、以前から何度も聞いているかのように心に響いた。この感覚はなんだろう?

  • 第933回

    神様からのお手紙

    2017年9月2日・3日放送

    北海道在住 和田 与志男

     父は太平洋戦争で召集され、乗っていた輸送船が魚雷攻撃を受けた。多くの仲間が失われる中、九死に一生を得た父は、輸送隊の宿泊所になっていた教会で初めて教えにふれる。そのお話は父をはじめ、失意にあった隊員たちに、明日への生きる力を与えた。

  • 第932回

    べっぴんさんになれる女子会

    2017年8月26日・27日放送

    大阪府在住 寺田 和佳子

     女子会ブームの昨今、教会や地域でも「女子会」を開いている。老いも若きも女性だけが集まり、その月の嬉しかった出来事を発表するのだ。どうしてこんな辛いことを喜べるの?と驚くこともあり、お互いに色々なことに気づかせてもらえる貴重な時間だ。

  • 第931回

    子供の世界

    2017年8月19日・20日放送

    広島県在住 岡本 真季

     小学生の娘が所属するバレーボールチームで、上級生が下級生を突き飛ばすという問題が起こった。保護者間で話し合いが持たれる中、一人の母親が「親が口出しをする問題ではない」と発言した。確かに子供にとっては、多少のトラブルも成長の過程で必要なことではないだろうか。

 JASRAC許諾番号:J161022728

ページの先頭へ