3年ぶりの夏期訓練 – 災救隊青森教区隊

■2022年9月15日

青森教区隊夏期訓練1

災害救援ひのきしん隊青森教区隊(漆舘〈うるしだて〉孝一隊長)は8月30、31の両日、鶴田町の「富士見湖パーク」で夏期訓練を実施した。

青森教区隊夏期訓練2

3年ぶりに行政と連携して行われた今回の訓練では、パーク内の「アジサイの小径」に植えられているアジサイ1・5ヘクタール分の剪定と片付け、下草刈りなどに従事。2日間で延べ92人が実動した。

日本一長い木造の橋である「鶴の舞橋」が有名な同パークは、県内のアジサイの名所の一つとしても知られる。コロナ禍で手入れが行き届かなかった状況とあって、同町役場も苦慮していたという。

隊員たちは、感染症対策を十分に講じつつ、夏の暑さや流れる汗も厭わず作業に励んでいた。

青森教区隊夏期訓練3

青森教区隊夏期訓練4

〔青森教区・柴田代表社友〕