教祖について | 天理教・はじめてのかたへ

教祖について

教祖殿

幕末の大和 神の啓示を受け

信仰と成り立ち

江戸時代末期の天保9 年(1838 年)、教祖・中山みきが神の啓示(おつげ)を受け、その教えを人々に伝えたのが天理教の始まりです。私たちは、教祖・中山みきのことを「教祖(おやさま)」と呼び慕い、あらゆる人々の救済に、自ら身をもってお働きになった教祖の生き方をお手本としています。こうした人間本来の生き方を伝え広めることによって、すべての人々が心を澄まし、たすけ合って仲良く暮らす「陽気ぐらし」世界の実現を目指しています。

教祖の足跡

心優しく、信心深く

天理教の教祖・中山みきは寛政10年(1798年)、大和国山辺郡三昧田村(やまとのくにやまべごおりさんまいでんむら)(現・天理市三昧田町)の前川(まえがわ)家の長女として生まれました。
大庄屋の家柄に育ち、心優しく、信心深い子供だったと伝えられています。

教祖・中山みきの生家である前川家の屋敷と屋根瓦。
中山家へ嫁ぐ

13歳のみきは、庄屋敷村(しょやしきむら)(現・天理市三島町)の中山家へ嫁ぎます。嫁として妻として、村役を務める家をきりもりし、慈悲深く善行を施すみきの姿は、近隣の人々から敬愛されたといいます。

イメージ写真
神の啓示で貧に落ちきる道へ

天保9年(1838年)10月26日、41歳のみきは、神の啓示(おつげ)を受けます。みきの体に、世界と人間を創造した神様である親神・天理王命が入(い)り込んだのです。以来、教祖(おやさま)は人々に教えを説き、自ら身をもって人をたすける手本を示します。その手始めとして、近隣の貧しい人々に家財を施し、貧に落ちきる道を歩んでいきました。

妊婦に授ける安産の守り「をびや許し」でいただく御供

教祖(おやさま)は嘉永7年(1854年)、妊婦が安心して出産に臨めるよう「をびや許し」を始めました。安産はもとより、産前産後の健康もお守りいただけると近隣の評判を呼びます。これをきっかけに、天理教の教えは日本各地へ伝わっていきました。

迫害のなか、さらなる救済の道へ

教祖(おやさま)を「生き神様」と慕って、多くの人々が「親里・ぢば」へ帰るようになると、これを快く思わない神社仏閣や官憲などから迫害干渉が加えられるようになります。しかし教祖(おやさま)は、そんな道中もいそいそと通られ、人々の救済に一層力を注ぎました。

つとめ場所
人間本来の生き方を示した50年

教祖(おやさま)が神の啓示(おつげ)を受けてからの道中は、親神様の教えを伝え、寄り来る人々を育てて、ひたすら救済する日々でした。その年月は、50年の長きに及びます。世界中の人々が心を澄まし、仲良くたすけ合う人間本来の生き方の手本を、自ら身をもって示されました。

表通常門(中南の門屋)
いまなお慕われる存命の教祖
御休息所

教祖(おやさま)が90歳を迎えるころ、迫害干渉はさらに激しさを増していきました。そして明治20年(1887年)陰暦1月26日、教祖(おやさま)は親神様の思召(おぼしめし)により、静かに現世での姿を隠します。教えを受けた人々は、教祖の姿を拝せなくなったと嘆き悲しみました。しかし、その魂は存命同様に世界の救済に働いていると知らされ、人々はますます布教伝道に奔走するようになります。こうして、天理教の礎が築かれていったのです。

教祖殿正面

教祖(おやさま)はいまも存命であり、世界中の人々が仲良くたすけ合って暮らす「陽気ぐらし」世界の実現のうえに、昼夜の別なくお働きになっています。

教祖殿内観
ページの先頭へ