TENRIKYO
▼ メニュー

要項

対象

仕事や家庭(子育て、介護等)などの都合により、長期間、仕事を休めない、あるいは家庭を離れられない人で、求道意欲があり、団体での合宿生活が可能な25歳~65歳の人。 ならびに、以下の①②の条件を満たしている人。
※修養科修了者、教人も受講できます。 ※教会長は受講できません。

①年齢条件

25歳~65歳までの方。必ず対象年齢をご確認ください。

※Ⅰ、Ⅱ、Ⅲすべてにおいて年齢条件は変わりません。

年齢条件は、これまでの4月~翌年3月までの「年度区切り」から変更され、2019年(立教182年)より1月~同年12月までの「年区切り」に変更となりました。1月~3月生まれの方は、変更後でも一部受講可能となりますので、対象年齢をご確認ください。

 

②受講条件

Ⅰ … 座りづとめがひとりでできる
Ⅱ … 「三日講習会Ⅰ」を履修した人で、よろづよ八首のおてふりができる
Ⅲ … 「三日講習会Ⅱ」を履修した人で、前半下りのおてふりができる

  • 三日講習会Ⅰ、Ⅱ、Ⅲは、おさづけの理を拝戴していなくても受講できます。但し三日講習会Ⅲの最終日に行われる修了試験は、おさづけの理を拝戴していることが受験資格となります。
  • 外国籍の人も受講できますが、日本語でコミュニケーションが円滑にでき、かつ日本語(漢字)の読み書きが満足にできる人に限ります。

定員

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ … 100名(男女各50名)

新型コロナウイルスの感染予防を考慮し、三密状態を避ける為、当面の間、通常よりも定員数を減らして開催いたします。

受講御供

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲとも、各10,000円(宿泊費、食事費含む)

  • 受講者本人が受付時(開催初日)に納めます。

期間

2泊3日の合宿

  • 通いで受講することはできません。

集合

午前8時00分~8時50分 三日講習会宿舎(第8母屋)

解散

Ⅰ、Ⅱは3日目の午後3時頃、Ⅲは3日目の午後3時半~4時頃(いずれも神殿でお礼づとめをした後、神殿で解散です。)

宿泊

syukuhakusyo

第7母屋
女性宿舎(1部屋2~3人)
第8母屋
研修棟(おてふり練習、グループタイム)大広間(開閉講式、おつとめまなびなど)
第9母屋
男性宿舎(1部屋2~3人)
 新型コロナウイルスの感染予防を考慮し、現在ひとり1部屋での宿泊となっております。

  ※入浴は本部浴場(別棟:8母屋東側)、食事は基本的に本部食堂(第一食堂)を利用します。

教室

東左第三棟
講義、ふりかえり
東左第五棟四階(修養科)
鳴物練習(Ⅰ)〈拍子木 ちゃんぽん すりがね 太鼓〉
第15母屋、東左第二棟地下
鳴物練習(Ⅱ、Ⅲ)〈笛 小鼓 琴 三味線 胡弓〉
ページの先頭へ