TENRIKYO
周辺[え]日記

新しい時代に突入…^^


  • 2019年05月01日 発信

新元号「令和」の初日を迎えた。 

4月1日に発表されてから、「平成」終了カウントダウンをした人もいることだろう。

 

おぢばのある天理では、「平成」の最終日を雨から曇り空で過ごし、そして「令和」の初日となる5月1日も雨が降ったり止んだり。

「平成」という時代を過ごせたことに感謝するが、大きな自然災害に見舞われた時代でもあり、被災された方も多かった上に、まだまだ復旧に時間のかかることだろう。

 

さて、「基礎講座」を運営する基礎育成課は、3月20日に「教化育成部」から「布教部」の所轄するところとなった。

今のところ体制には大きな変化はないようにも感じるが、だんだんと実感の沸いてくる。

また、南右第二棟の1階ホールでは、昨年に創立100周年を迎えた天理教青年会が、今から50年以上前となる創立50周年の記念事業の1つとして、「あらきとうりよう号車」でユーラシア大陸を横断した当時の車両が展示してあり、ホールには写真パネル46枚と当時のパスポート、天理小学校の生徒からの激励の手紙なども展示している。

4月15日から6月27日までの予定。

「基礎講座」のご受講の前後に是非、見学もしていただきたいと思う。

 

年号が改まり、基礎講座も一層の充実をはかっている。

ここ最近には研修を終えた新任の講師も当たるようになってきた。

これからも皆様に親しんでいただける基礎講座を目指していきますので、ご来館・ご受講をスタッフ一同心からお待ち致しております。

 

(令和元年5月1日 岡田記)

ページの先頭へ