天理教から皆さまへ | 天理教・はじめてのかたへ

天理教から皆さまへ

現在のロシア軍のウクライナへの侵攻によって、人間同士が互いに傷つけ殺し合い、困難に陥る人々が増え続けている事実を目の当たりにし、強い動揺と悲しみを禁じ得ません。戦火の犠牲になった人たちへの哀悼の意を表します。

すべての人間の元の親であり真実の親である親神は、その啓示のなかで、世界中の人間は皆わが子であり、お互いは等しく兄弟姉妹の間柄であって、他人ではないと教えられています。そして、時に子供たちが互いに争い傷つけ合う世の姿に対して強い残念の意を示されています。

いま世界に起きているすべての争いが一刻も早く治まることはもとより、世界中の人々がこの真実に目覚めて、人々が兄弟姉妹として互いにたすけ合う真の平和世界がおとずれることを切に願い祈ります。