祭典 | 天理教・はじめてのかたへ

天理教について

イメージ写真

祭典

神殿において、人々が仲良くたすけ合う「陽気ぐらし」世界の実現を祈念する祭典が執り行われています。祭典では、聖地「ぢば」でのみ勤められる「かぐらづとめ」が行われます。どなたでも参拝することができます。

元旦祭(がんたんさい)

1 月1 日(午前5 時から)
新しい年を迎えたことへの感謝とお礼を申し上げ、1 年の無事を祈念し、新たな決意をささげる。

元旦祭

春季大祭(しゅんきたいさい)

1 月26 日(午前11 時30 分から)
教祖が現世での姿を隠した明治20 年(1887 年)陰暦1 月26 日にちなんで勤める。

春季大祭

教祖誕生祭(おやさまたんじょうさい)

4 月18 日(午前10 時から)
寛政10 年(1798 年)4 月18 日に生まれた教祖・中山みきの誕生をお祝いする。

教祖誕生祭

秋季大祭(しゅうきたいさい)

10 月26 日(午前8 時から)
天保9 年(1838 年)10 月26 日の立教に由来して勤める。

秋季大祭

月次祭(つきなみさい)

1月と10月を除く
毎月26日(午前9時から)

霊祭(れいさい)

春季霊祭 3月27日・秋季霊祭 9月27日
故人の遺徳をたたえ、その霊を慰める。

月次祭の祭典風景と祖霊殿外観

をびやづとめ

随時。「をびや許し」として渡される御供(ごく)を供え、安産を祈念する。

はえでづとめ

4 月中
籾種を供え、豊作を祈念する。

イメージ写真
ページの先頭へ