季節の行事 | 天理教・はじめてのかたへ

天理教について

イメージ写真

季節の行事

鏡開き(かかみびらき)

1月4日

年末に全国各地から届けられた鏡餅は、正月三が日、お供えされた後、お節会(せち)の雑煮用に小さく切り分けられます。

鏡餅は、毎年約40 トンを超える量です。なかには直径80 センチ、厚さ20 センチほどの特大サイズもあります。

お餅運搬の様子とお餅を切る様子

お節会(おせちかい)

1月5日~7日

「鏡開き」で食べやすい大きさにした餅は、すまし雑煮にして参拝者に振る舞われます。1 世紀を超えて今日まで続いている伝統行事です。

切り餅は炭火で一つずつ丁寧に焼き上げ、水菜を添えたすまし雑煮にして振る舞われます。

お餅を炭火で焼く様子と雑煮を味わう家族

こどもおぢばがえり

7月26日~8月2日

夏休みには、親里(おやさと)で「こどもおぢばがえり」というイベントを毎年開催しています(7 月26 日~ 8 月2 日)。参加する子供たちは、手作りの遊具や趣向を凝らした催しで楽しいひと時を過ごし、迎える人々とのふれあいや宿泊体験などを通して、思いやりの心や感謝する心を学びます。期間中、全国各地から約25 万人の子供とその家族が参加します。

土持ちひのきしんとおやさとパレードの様子とプールで遊ぶ子供の様子とお楽しみ行事の様子
 
ページの先頭へ