立教181年 学修・高校卒業生コース

■3月10日~12日

「学生生徒修養会・大学の部」に引き続き、3月10日から12日にかけて「学修・高校卒業生コース」が開催された。  同コースは、高校卒業生が進学や就職などで、それぞれの進路へ踏み出す時期に、教理や教祖のひながたを学び、同世代とのつながりを強めて、その後の信仰生活に役立てることを目的に企画されたもの。卒業後もおぢばや教会に心をつなぎ、信仰に根差した生活を送ってもらいたいとの思いから3年前に開設された。  受講生が年々増えている同コース。4回目の開催となった今年は、全国各地から過去最多の404人(男子182人、女子222人)が受講した。  期間中は四つの組に分かれ、班ごとに行動。計157人のスタッフが世話取りに当たるなか、受講生たちはグループタイムや講話などのプログラムに取り組んだ。


ページの先頭へ