新春の親里のにぎわい

■1月1日~4日

立教181年元旦祭は1月1日、中山善司真柱様を祭主に本部神殿で執り行われた。正月三が日の親里は、初参拝の参拝者でにぎわい、晴れ着姿の家族連れも見られた。
4日には恒例の「鏡開き」が行われ、翌5日から始まるお節会で帰参者に振る舞われる。

ページの先頭へ