“夏の甲子園”開幕 天理高野球部

■8月8日

 第99回「全国高校野球選手権大会」が8月8日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。全国3839校の中から激戦を勝ち抜いた代表49校が“夏の甲子園”の大舞台に登場する。2年ぶり28回目の出場を決めた天理高校野球部も、奈良県代表として堂々の入場行進を披露した。


 午前9時、開幕を告げるファンファーレが高らかに鳴り響き、吹奏楽の演奏と観衆の手拍子とともに入場行進が始まる。

 天理高の入場は31番目。「奈良代表、天理高校」とアナウンスが流れると、スタンドから大きな拍手と声援が送られ、県大会優勝旗を持った城下力也主将(3年)を先頭に、18人の選手たちが行進した。


 なお、天理高の初戦は、大会6日目の第1試合。大垣日大高校(岐阜)と8月13日に対戦する予定。

(2017年8月9日記)


  • 第99回全国高校野球選手権大会開幕

    “夏の甲子園”の開会式で、全国の代表校と共に、胸を張って行進する天理ナイン(2017年8月8日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で)

ページの先頭へ