30年目の「世界宗教者平和の祈りの集い」 中田表統領ら出席

■9月18日~20日

世界の主要教団の宗教者たちが一堂に会し、平和への祈りを捧げる「世界宗教者平和の祈りの集い」(聖エジディオ共同体、アッシジ司教区、アッシジ・フランシスコ会共催)は、9月18日から20日にかけてイタリア中部のアッシジで開催された。

1986年に始まり、30年の節目を迎えた今年の「集い」には、世界各地から約500人の宗教者や研究者、政府要人が出席。本教からは中田善亮・表統領、東馬場郁生・天理大学副学長、長谷川善久・ヨーロッパ出張所長、山口英雄・大ローマ布教所長ら6人が招待を受けた。

「平和を渇望して」を統一テーマに、29の分科会と二つのフォーラムなどが実施され、中田表統領は9月19日午後の分科会にパネリストの一人として登壇。本教の教えを紹介したうえで、陽気ぐらし実現へ努力を重ねる決意を表明した。

最終日、中田表統領はローマ教皇フランシスコとの昼食会に出席。夕方には「平和への祈り」の時間が設けられ、本教のブースでは、座りづとめと四下り目までのてをどりまなびが、鳴物を入れて勤められた。

この後、閉会式が聖フランチェスコ聖堂前の広場で行われ、ローマ教皇フランシスコも出席した。

最後に、各宗派の代表者が“平和のろうそく”に火をともし、「集い」は閉幕した。


  • 世界宗教者平和の祈りの集いinアッシジ2016・分科会"

    「対話と平和」をテーマにした分科会で、教えに基づく生き方についてスピーチする中田表統領(2016年9月19日、アッシジ市役所内で)

  • 世界宗教者平和の祈りの集いinアッシジ2016・閉会式"

    閉会式では、ローマ教皇フランシスコら世界の宗教者と共に地元アッシジの子供たちも登壇し、世界平和への祈りを捧げた(2016年9月20日、聖フランチェスコ聖堂前の広場で)

ページの先頭へ