教祖130年祭こどもおぢばがえり開幕

■7月26日

この記事は2016年7月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


教会本部主催の「教祖130年祭こどもおぢばがえり」は「笑顔ひろがれ! たすけあい」をテーマに、7月26日午後に開幕した。

教祖130年祭が勤められた年の“夏の全教行事”となる今年の「こどもおぢばがえり」は、例年より1日長い8月5日までの11日間にわたって開催され、奈良県天理市の天理教教会本部周辺には、屋外・屋内合わせて30以上の行事が設けられる。

期間中、国内各地はもとより、海外27カ国・地域から大勢の子供たちが帰参する予定だ。夏本番を迎えた親里では、元気な子供たちのとびきりの笑顔が広がっている。

(2016年7月27日記)


  • 教祖130年祭こどもおぢばがえり開幕"

    「鼓笛お供演奏」は7月27日スタート。全国各地から帰参した鼓笛隊員が、心一つに演奏・演技を披露した(2016年7月27日、南礼拝場前で)

[関連リンク]

こどもおぢばがえりオフィシャルサイト

ページの先頭へ