天理教青年会 インターナショナルひのきしん隊

■7月18日~24日

この記事は2016年7月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


青年会本部(中山正直委員長)は7月18日から24日にかけて、海外の青年会員を対象とする第9回「インターナショナルひのきしん隊」を実施した。

教祖130年祭が勤められた今年は、アメリカ、ハワイ、ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、コロンビア、ベネズエラ、フランス、イギリス、台湾、韓国、ネパール、タイ、フィリピンの14カ国・地域から過去最多の283人が参加。遠く海を越え、世界各地から親里・ぢばに帰り集ったあらきとうりようが連日“伏せ込みの汗”を流した。

「おやさとふしん青年会ひのきしん隊」の“特別隊”として3年に1度結成される同隊は、ぢばに真実を伏せ込むとともに、海外在住の青年会員の相互交流を図ることを目的とするもの。

7月18日の入隊式後、翌19日から作業に取りかかった隊員たちは、「教祖130年祭こどもおぢばがえり」の行事会場の設営や、奈良県御杖村の蛇谷山で整地作業などに当たった。


  • インターナショナルひのきしん隊 こどもおぢばがえり行事会場設営"

    「こどもおぢばがえり」で使用するプールに、階段を取りつける隊員たち(2016年7月19日、天理プールで)

  • インターナショナルひのきしん隊 蛇谷山整地作業"

    手作業での整地作業にも取り組んだ(2016年7月20日、蛇谷山で)

ページの先頭へ