立教179年「ひのきしんデー」各地で実施

■4月29日

この記事は2016年4月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


恒例の「全教一斉ひのきしんデー」が4月29日、「伝えよう感謝の心 広めよう喜びの和」をテーマに、全国津々浦々の約1500の会場で実施された。

日々のひのきしん活動の集大成として、全教の教友が心一つに実動する「全教一斉ひのきしんデー」。なかでも今年は、教祖130年祭後に迎える最初の全教行事とあって、教会や地域から参加呼びかけが行われた。

全国的に肌寒い日和となったこの日。親里では、本部在籍者・勤務者とその家族、修養科生、管内の学生・生徒など約4000人が天理市内各所で清掃や除草に励んだ。

(2016年4月30日記)


  • 立教179年全教一斉ひのきしんデー 親里 本部中庭
  • 立教179年全教一斉ひのきしんデー 親里 水路清掃
ページの先頭へ