教祖130年祭執行

■1月26日

この記事は2016年1月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


教祖130年祭は1月26日午前10時半、天理教教会本部で厳かに執行された。

教祖が御身をかくされた元一日に思いを致し、世界たすけのさらなる前進を誓う教祖の年祭。おたすけの実践に主眼を置いて進められてきた年祭活動。三年千日を無事にお連れ通りいただいたお礼と、活動のご報告をご存命の教祖に申し上げようと、この日、国内はもとより、世界29カ国・地域からようぼく・信者が帰り集った。

祭典は、真柱様祭主のもと厳粛に執り行われ、祭文奏上に続いて、かぐら・てをどりが陽気に勤められた。

神殿講話に立たれた真柱様は、参集したようぼく・信者を前にお言葉を述べられた後、教祖殿に参進し、教祖の御前で祭文を奏上された。

(2016年1月26日記)


  • 教祖130年祭 空撮
  • 教祖130年祭 祭典
  • 教祖130年祭 教祖殿
  • 教祖130年祭 参拝者2
ページの先頭へ