メキシコ出張所 真柱様ご夫妻、大亮様迎え創立30周年記念祭を執行

■5月17日

この記事は2015年6月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


メキシコ出張所(渡邉和喜郎所長・メキシコ市)は5月17日、真柱様ご夫妻と大亮様を迎えて創立30周年記念祭を執り行った。

1922年、一人の日本人女性ようぼくの移住から始まったメキシコの道。1985年の出張所開設を機に、現地の教友たちは、にをいがけ・おたすけに一層励むとともに、出張所を心の拠り所としてきた。

当日、参集した約380人のようぼく・信者は、真柱様から頂いたお言葉を胸に、メキシコの道のさらなる伸展を誓い合った。

また、真柱様ご夫妻と大亮様は、記念祭に先立つ5月16日、婦人会と青年会の総会に臨席された。15、16の両日は、管内3カ所の教会・布教所へ赴かれ、現地の教友たちを激励された。

(2015年5月27日記)


  • メキシコの教友たちは、心一つに「みかぐらうた」を唱和した(2015年5月17日、メキシコ出張所で)

    メキシコの教友たちは、心一つに「みかぐらうた」を唱和した(2015年5月17日、メキシコ出張所で)

  • メキシコ出張所創立30周年記念祭には、メキシコ全土から約380人の教友が集まった(2015年5月17日、メキシコ出張所で)

    メキシコ出張所創立30周年記念祭には、メキシコ全土から約380人の教友が集まった(2015年5月17日、メキシコ出張所で)

  • メキシコ出張所創立30周年記念祭とメキシコ婦人会・青年会の総会終了後にはレセプションが催された

    メキシコ出張所創立30周年記念祭とメキシコ婦人会・青年会の総会終了後にはレセプションが催された

ページの先頭へ