天理高校 センバツ出場決定 3年ぶり23回目

■1月23日

この記事は2015年1月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


第87回選抜高校野球大会の出場32校を決める選考委員会は1月23日、毎日新聞大阪本社で開かれ、天理高校野球部の23回目の出場が決定した。3月21日から兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催されるセンバツ大会。同部は平成24年の夏以来、3年ぶりに甲子園の土を踏む。

同部は、昨年9月の県予選で優勝。11月に開かれた「秋季近畿地区高校野球大会」では、甲子園常連校の大阪桐蔭高校や、昨年の選抜大会の覇者・龍谷大学付属平安高校(京都)などを破り、4年ぶり8回目の優勝を果たした。その後の「明治神宮野球大会」では、優勝校の仙台育英高校に準々決勝で惜しくも敗れたものの、“天理復活”を強く印象づけた。

なお、本大会の組み合わせ抽選会は3月13日に行われる。

(2015年1月25日記)

天理高校野球部3年ぶり23回目センバツ出場決定

帽子を高く放り投げ、甲子園出場の喜びを表す天理ナイン(1月23日、親里野球場で)

ページの先頭へ