教祖誕生祭 216回目のご誕生日寿ぐ

■4月18日

この記事は2014年4月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


天理教教祖の誕生を寿ぎつとめる祭典「教祖誕生祭」が4月18日、天理教教会本部神殿で執り行われ、国の内外から約6万5000人の信者が寄り集った。 教祖(おやさま)の216回目の誕生日に当たるこの日、中山善司真柱様祭主のもと、陽気ぐらし世界の実現を祈念する「かぐらづとめ・てをどり」が陽気につとめられた。 その後、本部中庭では恒例の「よろこびの大合唱」が催された。「教祖御誕生祝歌」など、教祖の誕生を祝う歌の合唱や演奏が行われ、神苑一帯は慶祝の雰囲気に包まれた。

(2014年4月19日記)

ページの先頭へ