災救隊 竜巻被災地へ〈埼玉〉

■9月6日~8日

この記事は2013年9月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


9月2日午後、埼玉と千葉の県境をまたいで巨大竜巻が発生。埼玉県越谷市では、負傷者75人、建物の損壊が326軒に上るなど、甚大な被害に見舞われた。 災害救援ひのきしん隊(=災救隊)では、埼玉教区隊が同市の要請を受け、9月6日から3日間の日程で、最も被害の大きかった大杉地区へ出動。隊員延べ83人が、瓦礫の処理や倒木の撤去などに力を尽くした。 [9月7日、越谷市大杉地区で]

(天理時報2013年9月15日号より)

ページの先頭へ