真柱様 韓国ご巡教 伝道庁長就任奉告祭に1800人

■3月12日

この記事は2013年3月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


中山善司真柱様、はるえ奥様は3月12日、韓国伝道庁(濱田徳男庁長・金海市)の15代庁長就任奉告祭に参拝された。 教祖130年祭を目指し、にをいがけ・おたすけに勇み立つ時旬。この日は韓国全土から約1800人の教友が駆けつけた。 あいさつに立たれた真柱様は、教祖130年祭に向け、神一条の精神に徹し、一人ひとりが持ち場立場の務めのうえに真実を尽くす大切さを強調。たすけ一条の活動を一手一つに展開し、韓国の道がますます活発になるよう諄々と諭された。 なお、真柱様は3月13、14の両日、管内3カ所の教会へ巡教された。

(2013年3月20日記)

[真柱様は参拝した教友に対し、教祖年祭へ向かう心構えなどを諄々と諭された。お言葉は韓国語に同時通訳された(3月12日、韓国伝道庁で)]  
ページの先頭へ