立教176年 学修・大学の部

■3月3日~9日

この記事は2013年3月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


「学生生徒修養会・大学の部」(主催=教会本部、事務局=学生担当委員会)が、3月3日から3月9日までの7日間、親里で開催された。

この行事は、全国の大学生や専門学校生が、親里での合宿生活を通して信仰を養い、親睦を深める場として、毎年開催されているもの。今年は昨年より101人多い575人(男子330人、女子245人)が受講した。

プログラムの一つ「選択講義」では、“海外で布教をしている講師の体験談”や“福祉と信仰”など五つの項目から、受講生が自分の関心のあるテーマを選んで講義を受けた。

また、プログラムの随所に組み込まれた「グループタイム」では、講義内容の振り返りや、信仰についての語らいの時間が持たれ、同世代の学生同士、活発な意見交換が行われた。

親里での1週間、受講生たちは、日常では経験できない貴重な合宿生活を送った。

(2013年3月9日記)

ページの先頭へ