立教176年 出初め式

■1月16日

この記事は2013年1月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


天理教教会本部の自営消防隊による恒例の「出初め式」が1月16日、本部中庭で行われた。

自営消防隊は、教会本部の保安室境内掛と消防掛で組まれており、日ごろ、教会本部の建物や施設など、親里の防火管理と消火活動に当たっている。

この日は、境内掛と消防掛の92人が参加し、号令に合わせて放水を開始。「基本」や「交差」など次々と型を変えながら、放水演習が行われた。

最後の直上放水では、高さ15メートルを超える水柱17本が中庭一面に勢いよく上がり、今年一年の防火を誓った。

(2013年1月16日)


ページの先頭へ