青年会 全分会布教推進週間(9月2日~9日)

この記事は2012年9月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


□動画はこちら□

青年会本部(中山正直委員長)の「全分会布教推進週間」は、9月2日から9月9日にかけて全国各地で実施された。

今年度の基本方針に「神一条の信仰錬磨と布教実動の推進」を掲げる青年会。期間中、各分会では道専従者をはじめ、社会で働くようぼくや学生など、さまざまな立場の青年会員が神名流し、路傍講演、戸別訪問といった布教実動を活発に繰り広げた。

9月は「にをいがけ強調の月」。その先陣を切る形で、国々所々の“あらきとうりよう”が実動した。

[敷島分会は全国25カ所とタイ・チェンマイで一斉に神名流しを実施。「天理王命」の幟を立て、秋空に会員たちの力強い声が響いた(9月2日、大阪市内で)]

[佐野原分会は八丈島を“布教地”として実施。ダイビングスポットとして知られる「底土園地」では、太平洋の大海原を背に、会員たちはお道の素晴らしさを肉声で語りかけた(9月9日、八丈町内で)]

ページの先頭へ