夏の甲子園 天理高 ベスト8進出(8月19日記)

この記事は2012年8月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、トップページ、もしくはニュースのトップからご覧ください。


天理高校野球部は8月19日、第94回全国高校野球選手権大会(阪神甲子園球場)の大会11日目第4試合、浦和学院高校(埼玉)と対戦した。

天理高は1回裏に1点を先制したが、2回表、浦和学院高にスクイズを決められる。

同点で迎えた2回裏、天理高は早田宏規選手、東原匡志選手の連続長打で2点を追加。さらに3回裏に1点、5回裏に2点を加えた。

このリードを中谷佳太投手が7安打完投で守りきり、6対2で勝利。8年ぶりの8強入りを決めた。

(8月19日記)

ページの先頭へ