2010年12月25日 (土)

この記事は2010年12月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。ご注意ください。最新情報は、左の最新年をクリックしてご覧ください。


参考館創立80周年記念特別展「シャルジャ、砂漠と海の文明交流――アラビアの歴史遺産と文化」


会期 1月5日(水)~2月6日(日)

会場 天理参考館3階企画展示室


天理参考館(岩井孝雄館長)は来年1月5日から2月6日にかけて、創立80周年記念特別展の第3弾「シャルジャ、砂漠と海の文明交流  アラビアの歴史遺産と文化」(アラブ首長国連邦シャルジャ首長国、金沢大学共催)を開催する。

今年、アラブ首長国連邦(UAE)の建国40周年、アラビア湾岸の考古調査開始から50年の節目を迎えた。

この特別展は、そうした節目を機に、UAE初の考古学・歴史文化遺産の展覧会として、文化首都・シャルジャ首長国の考古資料や生活道具、美術品などを世界に先駆けて日本で公開するもの。本邦初公開となる“シャルジャの秘宝”を通して、アラビア半島の文化交流の歴史と人々の生活文化を紹介する。

また同展は、今年4月の石川県立歴史博物館を皮切りに、来年3月まで5カ所の博物館や美術館で順次開催される“全国巡回展”でもある。創立80周年を迎えた参考館では、これをまたとない機会と捉え、会場の一つとして名乗りを上げ、記念特別展の一環として開催することにした。

特別展は2部構成。第1部は「アラビア半島の歴史と考古学」と題して、石鏃や青銅器、金製の装飾品など、石器時代から大航海時代までのアラビア半島の考古資料を展示する。

第2部「アラビアの文化遺産」では、古地図や生活道具をはじめ、衣装や装身具、美術品などの生活文化資料が並ぶ。

約400点の資料を展示することから、参考館では3階企画展示室と併せて、常設展示室内のオリエントコーナーを特別展仕様へと“衣替え”。同館所蔵のイスラム陶器や、天理図書館所蔵の古地図帳などの関連資料も出品される。



□■□関連イベント□■□

特別展開催記念講演会<1>

日時:2011(平成23)年1月22日(土) 午後1時から

講師:神崎順一氏(天理図書館司書) 「古地図の読み方」

講師:澤井義則氏(天理大学教授) 「イスラームの社会と文化」


特別展開催記念講演会<2>

日時:2011(平成23)年1月29日(土) 午後1時30分から

講師:佐々木達夫氏(金沢大学教授) <第1講>「アラビア半島を掘る」、<第2講>「奈良出土のイスラーム陶器」


アラビアの舞 ―ベリーダンスの公演―

月日:2011(平成23)年1月15日(土)

時間:<1回目> 午後1時30分から <2回目> 午後3時から

出演:JUN & J☆Jamyla


列品解説

日時:2011(平成23)年1月26日(水) 午後2時30分から

場所:当館3階企画展示室


電話0743-63-8414

天理参考館HP

ページの先頭へ