ひのきしんをする

reg_t_hinokishin

私たち人間は、親神様おやがみさまから身体からだをお借りし、日々常に絶えざる親神様の十全じゅうぜんの守護を頂いて生きています。ひのきしんとは、そのご恩に報いる感謝の心からの行為であり、日常生活の中で絶えず心掛けていくものです。


つまり、かしもの・かりものの理が真に心に治まったとき、その喜びと感謝が、おのずから行動となって表れ出るのがひのきしんです。まさに、ようぼくらしい生き方、お道ならではの暮らし方と言うことができるでしょう。


ぢばに伏せ込むひのきしん(おやさとの伏せ込みひのきしん)や、それぞれの教会での御用をはじめとして、広く職場や地域社会で人の役に立つ活動など、その表れ方はさまざまです。


いずれも、親神様への感謝の心を根底に置いた、親神様にお喜びいただきたいという行為です。人が見ていようといまいと、まずたゆまず積み重ねる真実の実践を、親神様がお受け取りくださるとともに、知らずしらずのうちに自分自身の心のほこりが払われ、勇みがわいてきて、運命が明るく開けていきます。


こうしたひのきしんの実践の場は、親里おやさとや教会での御用にとどまらず、公共施設の清掃や福祉施設での活動、献血、天理教災害救援ひのきしん隊の活動など、地域社会における信仰に基づく「たすけあい」活動としても幅広く展開されています。


【ひのきしん】

ひのきしんに漢字を当てると「日の寄進」となるところから、一般には「日々の寄進」と解されています。一説には「日を寄進する」、すなわち一日の働きをお供えすること、という解釈もあります。誰にも平等に与えられている“時間のお供え”とも言えるでしょう。

ページの先頭へ