祭典 | 天理教・はじめてのかたへ

祭典
「陽気ぐらし」への祈り

祭典

殿において、人々が仲良くたすけ合う「陽気ぐらし」世界の実現を祈念する祭典が執り行われています。祭典では、聖地「ぢば」でのみ勤められる「かぐらづとめ」が行われます。どなたでも参拝することができます。

神殿で行われる祭典

  • 元旦祭(がんたんさい)

    1月1日(午前5時から)
    新しい年を迎えたことへの感謝とお礼を申し上げ、1年の無事を祈念し、新たな決意をささげる。

    元旦祭
  • 春季大祭(しゅんきたいさい)

    1月26日(午前11時30分から)
    教祖が現世での姿を隠した明治20年(1887年)陰暦1月26日にちなんで勤める。

    春季大祭
  • 教祖誕生祭(おやさまたんじょうさい)

    4月18日(午前10時から)
    寛政10年(1798年)4月18日に生まれた教祖・中山みきの誕生をお祝いする。

    教祖誕生祭
  • 秋季大祭(しゅうきたいさい)

    10月26日(午前8時から)
    天保9年(1838年)10月26日の立教に由来して勤める。

    秋季大祭
  • 月次祭(つきなみさい)

    1月と10月を除く
    毎月26日(午前9時から)

    月次祭の祭典風景と祖霊殿外観
    霊祭(れいさい)

    春季霊祭 3月27日・秋季霊祭 9月27日
    故人の遺徳をたたえ、その霊を慰める。

  • をびやづとめ

    随時。「をびや許し」として渡される御供(ごく)を供え、安産を祈念する。

    イメージ写真
    はえでづとめ

    4月中
    籾種を供え、豊作を祈念する。

鏡開き 1月4日

年末に全国各地から届けられた鏡餅は、正月三が日、お供えされた後、お節会(せち)の雑煮用に小さく切り分けられます。

お餅運搬の様子
お餅運搬の様子とお餅を切る様子

お節会(おせち) 1月5日~7日

「鏡開き」で食べやすい大きさにした餅は、すまし雑煮にして参拝者に振る舞われます。1世紀を超えて今日まで続いている伝統行事です。

お餅を炭火で焼く様子
雑煮を味わう家族

こどもおぢばがえり 7月26日~8月4日

夏休みには、親里(おやさと)で「こどもおぢばがえり」というイベントを毎年開催しています(7月26日~8月4日)。参加する子供たちは、手作りの遊具や趣向を凝らした催しで楽しいひと時を過ごし、迎える人々とのふれあいや宿泊体験などを通して、思いやりの心や感謝する心を学びます。期間中、全国各地から約25万人の子供とその家族が参加します。

土持ちひのきしんとおやさとパレードの様子
プールで遊ぶ子供の様子とお楽しみ行事の様子

ふるさとに帰る 一覧

  • ふるさとに帰る
    ふるさとに帰る

    四季を通じて昼夜開かれた神殿

    信仰の聖地として定められた場所「ぢば」に建つ神殿です。

  • 参拝のご案内
    参拝のご案内

    いつでも、どなたにも開かれている神殿

    1年を通じて24時間参拝することができます。

  • 境内のご案内
    境内のご案内

    四季の草花が彩る境内

    初めて参拝される方、車いすを利用される方へ、神殿案内や車いすの貸し出し(無料)など各種サービスを行っています。

タブメニューへ
ページの先頭へ