こどもおぢばがえり | 天理教・はじめてのかたへ

活動
教えに基づく実践

天理教は、地域社会での活動を通して、信仰の喜びを表してきました。教育・文化・医療・福祉の推進をはじめ、教えに基づくさまざまな実践は、今日まで脈々と受け継がれています。

教育・児童福祉
こどもおぢばがえりsmile,smile,and smile!

昼食のカレーを食べる子供たち

「こどもおぢばがえり」とは

世界中から大勢の子供たちを迎えて「こどもおぢばがえり」というイベントを開催しています。毎年7月26日から8月5日まで「親里(おやさと)」で開かれるこの催しは、工夫を凝らした行事などを通じて、「生きるよろこびを味わいます」「ものを大切にします」「仲良くたすけあいます」の“三つの約束”を身につけることを目指しています。

こどもおぢばがえりの様々な風景

親里で体験する楽しい行事

神殿を中心とする約1km四方の一帯で、さまざまな行事が催されます。また、期間中の夜には「おやさとパレード」を行っています。

こどもおぢばがえりの様々な風景

心の成長と思い出

親里(おやさと)で多くの人々とふれあい、さまざまな行事に参加する中で、子供たちの心に感謝や思いやりが育まれます。

あの頃と今 思い出アルバム

こどもおぢばがえり 半世紀余の歴史

昭和29年(1954年)に「おぢばがえりこどもひのきしん」として始まって以来、60回を超えて開催しています。現在、10日間で、国内外の約25万人が「こどもおぢばがえり」に参加しています。

土持ちひのきしんの昔と今の写真お供え演奏の昔と今の写真天理教教会本部神殿前で撮影する子供たちの昔と今の写真
こどもおぢばがえりWEBサイト

普段の生活では味わえない貴重な体験を、ぜひ子供たちに味わわせてください。

  • こどもおぢばがえりオフィシャルサイト
こどもおぢばがえり CM

こどもおぢばがえりCM(テレビ)

ページの先頭へ